1. TOP
  2. 副作用や危険性
  3. マヌカハニーの副作用や危険性、注意点やデメリットは?

マヌカハニーの副作用や危険性、注意点やデメリットは?

マヌカハニーの副作用や危険性、注意点やデメリットは?

効果や効能が注目されているマヌカハニーですが、摂取することで副作用や危険性が起こるリスクがないのかも気になりますよね。

 

この記事ではマヌカハニーに危険性や副作用がないのか、実際に摂取する際の注意点やデメリットなどマヌカハニーのマイナス面を徹底検証します。

 

マヌカハニーの発がん性やアレルギー反応、対象年齢や摂取量などを中心により安全性の高い食べ方を知ることで、マヌカハニーの効果や効能を最大化しませんか。

 

天然成分のマヌカハニーでも、メリットだけはなくデメリットがあることも知って、より充実したマヌカハニーライフを送りましょう。

マヌカハニーに発がん性物質が含まれているのか?

マヌカハニーの副作用や危険性の話をすると、真っ先に話題になるのはマヌカハニーの殺菌成分であるメチルグリオキサールには発がん性があるという話題。

 

確かにマヌカハニーには天然成分で最も大量のメチルグリオキサールが含まれていますし、メチルグリオキサールがなければマヌカハニーを摂取する意味はありませんので、この点は非常に気になることです。

 

メチルグリオキサールに発がん性があるというのは、東北大学の小川晋准教授らのグループによって発表された研究発表の論文が、オーストラリアのサイトに英訳されて掲載されたことで、一気に拡散されました。

 

「糖尿病合併症の進展予測物質を同定」という研究の際に発表された【血中メチルグリオキサールは5年後の糖尿病性血管障害進展を予測する】という部分がきっかけになり、血中メチルグリオキサールに発がん性があることが疑われるというもの。

 

日本の大学教授が中心になって行った研究で、マヌカハニーのメチルグリオキサールに発がん性があるというのであれば、本当に気になることですし、大量のメチルグリオキサールが含まれているマヌカハニーは摂取できませんよね。

 

しかしこの論文の内容は、研究の過程で発見された内容をまとめたもので、糖尿病性血管障害を起こす患者さんには、血中メチルグリオキサール濃度が高い傾向があるというだけのもの。それ以外にどのような作用や因果関係があるかなど、一切解明されていない状態で行われた研究過程の報告。

メチルグリオキサールの発ガン性に関する小川教授の公式見解は?

マヌカハニーのメチルグリオキサールに発がん性があるということに注目が集まったことで、日本の養蜂メーカーが、東北大学の小川教授に本当に因果関係があるのかということについて、直接質問を行いました。

 

東北大学の小川晋准教授ご本人が返答され、メチルグリオキサールが糖尿病患者の一部になぜ蓄積されるのか、そのメカニズムも解明されておらず、糖尿病性血管障害の原因とも断定できていないと回答。

 

マヌカハニーを摂取した研究論文を調べても、マヌカハニーの摂取が血管障害の原因となったデータもないという趣旨の見解を発表されています。

 

「糖尿病合併症の進展予測物質を同定」は、マヌカハニーのメチルグリオキサールに関する発ガン性を記載した論文ではなく、そのような意図も全くないことを認められましたので、この論文や研究発表で発がん性があるというのは、ネット上の噂でしかないことが確認されました。

 

これでマヌカハニーの発がん性が完全に否定されるわけではありませんが、小川教授の口からマヌカハニーのメチルグリオキサールの危険性(発ガン性)について、否定されているということで十分ではないでしょうか。

蜂アレルギーがある人はマヌカハニーの摂取に注意!

マヌカハニーも食品ですので、アレルギー反応が全く起こらないというわけではありません。特に過去に蜂に刺されたり、蜂毒によるアレルギー症状を引き起こしたことがある人の場合は、マヌカハニーを摂取する際には注意が必要です。

 

マヌカハニーを摂取することで、アレルギー症状が起こってもほとんどの人は、じんましんやかゆみ、赤みなどの皮膚症状だったり、口の中のイガイガ感や唇の腫れ、目の充血や目の周りが腫れてしまうなどの皮膚症状や粘膜症状がほとんど。

 

粘膜症状でも悪化してしまうと、声がれや声が出にくい状態になったり、軌道が確保できずに呼吸困難や窒息に近い状態になってしまうこともあるので、アレルギー症状が重症化しやすい人はアレルゲンが何かを突き止めて、蜂蜜の摂取に問題がないか確認しておきましょう。

 

食物アレルギーの最たるものは、アナフィラキシーショックですが、蜂アレルギーの人でも刺された時のように直接体内に蜂毒が入るわけでないので、マヌカハニーの摂取が原因でアナフィラキシーショックになることはほぼないと思われます。

アナフィラキシーショックは死亡リスクのある危険な症状

マヌカハニーではアナフィラキシーショックのような重篤なアレルギー症状は起こりにくいと考えられていますが、アナフィラキシーショックがどのような症状なのかということをあまりよく知らない人もいるのでここで簡単に説明しておきますね。

 

アナフィラキシーショックとは、様々なアレルギー症状が全身に出るので全身性症状とも呼ばれ、複数の臓器症状を併発することで、血圧の低下や意識障害などの重篤な症状を引き起こす場合もあり、最悪の場合は命の危険性もあります。

 

厚生労働省がまとめたデータでは、アナフィラキシーショックで年間50名以上が死亡していることがわかっており、蜂毒が原因でアナフィラキシー状態になり、亡くなる人は年間20名ほど。主にスズメバチ等に刺されてしまった人でしょう。

 

2010 2011 2012 2013
総数 51人 71人 55人 77人
蜂毒 20人 16人 22人 24人
食物 4人 5人 2人 2人
医薬品 21人 32人 22人 37人
血清 0人 0人 0人 1人
詳細不明 6人 18人 9人 13人

参照:厚生労働省 人口動態統計「死亡数、性・死因(死因基本分類)別」

 

蜂毒が原因で起こったアナフィラキシーショックで心停止までの時間は15分と非常に短く、食品でも30分ほどですので、異変を感じたらすぐに救急車を呼ぶべきですし、治療を受けなければ心停止状態から蘇生することもありません。

 

マヌカハニーだけでそこまで重症化することは考えにくいので、アナフィラキシーショックの知識として理解しておけば十分だと思います。

マヌカハニーのボツリヌス菌で乳児ボツリヌス症が起こる?

マヌカハニーの摂取時の注意点として、一番気をつけなければならないのが対象年齢です。マヌカハニーのような蜂蜜は1歳未満の乳児に絶対に与えてはいけません。これは厚生労働省も注意喚起を行っていることなので、お母さんなら知っているでしょう。

 

なぜマヌカハニーを1歳未満の子供に与えてはいけないのかといえば、蜂蜜全般に含まれている可能性ががあるボツリヌス菌。1歳未満の子供がボツリヌス菌を摂取してしまうと体内で発芽・増殖して乳児ボツリヌス症を発症する危険性があるから。

 

乳児ボツリヌス症が恐ろしいのは、最悪の場合だと死亡リスクがあるということで、日本でも昨年に蜂蜜入りのジュースを飲んだ子供が乳児ボツリヌス症を発症し、不運にも亡くなってしまっているので、絶対に摂取させるべきではありません。

 

マヌカハニーだけではなく、蜂蜜全般にボツリヌス菌が含まれており、国産の蜂蜜では全体の5%ほどで、外国産の蜂蜜の場合は国産よりもボツリヌス菌が含有されている確率が高いと言われていますので、マヌカハニーを食べる際にも対象年齢には注意が必要です。

 

母乳や粉ミルクだけで育っている乳児は、腸内細菌が少なくまだまだ腸内環境が整っていないのでボツリヌス菌の増殖を予防できません。離乳食が始まって腸内細菌が増えてくれば問題ありませんので、1歳というのがひとつの目安になっているのが現状。

乳児ボツリヌス症を発症するとどのような症状になるのか?

乳児ボツリヌス症を発症すると、便秘状態が数日間続き、全身の筋力が低下する脱力状態になることで、 哺乳力の低下や泣き声が小さくなるなどの症状が出ます。ボツリヌス菌の毒素によって筋肉が弛緩することで起こる麻痺症状が特徴的です。

 

症状が進行すると、顔が無表情になったり、頚部の筋肉に力が入らずに頭を支えられなくなってぐったりするなどの症状が出ますので、悪化させないようにしましょう。乳児ボツリヌス症が悪化すると治療に半年ほどかかる可能性もあるので重症化させないことが大切。

 

乳児ボツリヌス症を発症しても、早い段階で抗毒血清による治療を行うことで、症状を改善&治療することが出来ますので、不安なことがあれば早めに小児科や内科を受診してください。

偽物のマヌカハニーを選ぶとデメリットしかない!

別の記事でも紹介していますが、世界で販売されているマヌカハニーの8割以上が偽物であるという追跡データがあるほど、マヌカハニーの偽物が市場には溢れていますし、最近ではアメリカでマヌカハニーの食品偽装問題も起こっています。

 

需要と供給のバランスが悪いことでマヌカハニーの値段はどんどん上がっていきますし、これからも偽物のマヌカハニーを販売することで儲けようという会社がなくなることはないでしょう。日本でも偽物のマヌカハニーや効果なしのマヌカハニーが売られているかもしれません。

 

中国で過去にあった蜂蜜に関する食品偽装では、原材料が蜂蜜以外の化学由来物質だったものもあるので、もしそのような商品が今でも流通しているのなら、副作用や危険性のリスクが高まり、健康被害が出ることも考えられます。

 

本物を選ぶこと、医療水準のマヌカハニーを選ぶことが、このブログで紹介している効果や効能を実感するための最低条件ですので、どんなマヌカハニーを選ぶのかということについても真剣に考えてみてください。

マヌカハニーの副作用や危険性の記事まとめ

この記事ではマヌカハニーの副作用や危険性について紹介してきましたが、事前に知識として持っておけば、特に気になることもないですし、マヌカハニーの安全性については世界的にも研究が進み、医療現場でも利用されていることからも確認されていることがわかります。

 

ニュージーランドの研究でも、1日20gまでのマヌカハニーを3週間連続で摂取しても何ら健康への悪影響やデメリットが起こらないことも確認されていますので、摂取量や摂取年齢を注意して、マヌカハニーで得られる効果を実感すべきでしょう。

 

我が家でも様々なマヌカハニーを家族の健康維持や美容目的に活用していますし、おかげで風邪もインフルエンザとも無縁の生活を送っていますので、特に冬場の体調管理に副作用や危険性の少ない天然成分のマヌカハニーを役立ててくださいね。

リンクコード:このページをぜひ皆さんに紹介してください!

マヌカハニーの正確な情報を一人でも多くの人に知ってもらいたいと考えています。



\ SNSでシェアしよう! /

マヌカハニー大辞典の注目記事を受け取ろう

マヌカハニーの副作用や危険性、注意点やデメリットは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マヌカハニー大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • マヌカハニー効能や効果は本当?【エビデンスも徹底解説】

  • マヌカハニーの食品偽装問題、アメリカで集団訴訟が始まる

  • 医薬品質のマヌカハニーの製造方法や品質管理は?

  • 日本人のマヌカハニーの研究や論文でわかる効果や効能は?

  • マヌカハニーの選び方の基準│高品質は規格や数値でわかる

  • マヌカハニーの効果的な食べ方やおすすめの使い方を紹介!