マヌカハニーとは?効能や効果を徹底解説!

マヌカハニーとは?効能や効果を徹底解説!

マヌカハニー大辞典は、20社以上のマヌカハニーを実際に購入して比較研究しているマヌカハニーマニアの私が、より正確な情報をお届けしたいという気持ちから情報発信を行うために運営しているサイトです。

 

日本でもスーパーフードとして人気で、TVや雑誌で特集を組まれたり、様々な健康や美容に関する情報がネット上にも溢れていますが、正確性の少ないものや、過大評価された情報が蔓延しているのが現状。

 

間違った情報を鵜呑みにしてマヌカハニーの効果や効能を誤解したり、食べ方や摂取方法を誤ってしまうと、効果なしの単なるハチミツだと思われる人もいるでしょう。これまで行われた学術論文や研究発表のレポートを参考により正確な情報を紹介しています。

 

マヌカハニー研究の第一人者であるピーター・モラン教授は数年前に亡くなってしまったこともあり、この分野の研究が一時的に停滞する可能性もありますが、マヌカハニー大辞典を読むことで最新情報をチェックすることができますよ。

マヌカハニーとは?

奇跡の蜂蜜やスーパーフードとしても話題のマヌカハニーですが、一般的な蜂蜜に比べるとどのような特徴がある商品なのかを徹底解説します。

 

ニュージーランド原産のマヌカハニーは、原住民のマオリ族が古くから「復活の木」や「癒しの木」として、その樹液や葉を様々な疾患やケガの治療に使っていたマヌカの木の花の蜜をミツバチが集めたもの。

 

マヌカハニーには他の蜂蜜と異なる殺菌成分が含まれていることで、ピロリ菌や大腸菌、黄色ブドウ球菌や腸球菌などの殺菌や除菌に役立つことで世界的にも注目されています。

 

実際にどのような有効成分が含まれていることで、他の蜂蜜と違う優れた作用を実感できるのか、マヌカの木はどんなものなのかを説明します。

続きを読む

マヌカハニーの効能や効果について

学術論文の(Dustmann, 1979)ですが、様々な臨床報告があっても近代医療では蜂蜜の治療効果に合理的な説明はつかないとされてきました。

 

しかし1990年台になると、マヌカハニーを始めとする蜂蜜全般が民間医療だけではなく、近代医療にも活用することが出来ないか、効果や効能を本当に証明できるのかと考えるような風潮が高まりました。

 

マヌカハニーの抗菌性や活性強度に関しては、ニュージーランドのワイカト大学のピーター・モラン教授が中心になって、1989年以降に研究が本格的に行われ、マヌカハニー独自の殺菌成分(食物メチルグリオキサール)が発見されたことで、医薬品としても活用されるようになりました。

 

ピーター・モラン教授の研究結果により、潰瘍や火傷、外傷や傷創、外科手術後の皮膚感染に対して本格的に活用されていますが、それ以外にも多くの情報がネットに溢れていますが、本当に効果的なのかを紹介します。

続きを読む

日本人の研究や論文でわかるマヌカハニーの効果や効能について

世界的には病院や医療現場で使われているマヌカハニーですが、日本では医師や薬剤師などの専門家や医療従事者がその効果や安全性について、どのように考えているのか気になりませんか。

 

この記事では日本で行われた学術発表や論文などを紹介することで、マヌカハニーに期待できる効果や効能を解説しますので、あなたやご家族の病気や症状にも活用できないかチェックしてください。

 

医薬品に対する代替療法としても注目されているマヌカハニーですので、治療結果も踏まえて、本当に日本人の健康維持にも役立つのか考えてみませんか。

 

日本薬剤師会では毎年マヌカハニーに関する学術発表が行われているなど、医師や薬剤師はマヌカハニーの効果を一定レベルで認めていますので、効果や効能が気になる人なら三個になりますよ。

続きを読む

マヌカハニーのブランドマークについて

マヌカハニーを選ぶ際の基準のひとつがボトルに書かれている10+や20+、400+や550+などの数字やマヌカハニーの抗菌活性力を示すブランドマークではないでしょうか。

 

日本で販売されているマヌカハニーのブランドマークとしては、UMFやMGO、NPAやMGS、TAなどの種類があり、これらのブランドマークの後ろに続く数字が高ければ高いほど、その商品の抗菌活性力が優れていると考えることができます。

 

実店舗で販売されているマヌカハニーのボトルには、抗菌活性力の数字だけが記載されていたり、全く何も記載されていないものも販売されていますので、抗菌活性力の優れた商品を選ぶ際には、こういった商品を選ばないことが基本。

 

マヌカハニーの抗菌活性力を示すブランドマークの種類と特徴、どのブランドマークの商品を選ぶとより安心でき、高品質で安全性が高いものを購入できるのかも解説します。

続きを読む

マヌカハニーの選び方の基準について

マヌカハニーは、風邪やインフルエンザ、虫歯や口臭の改善、ピロリ菌や大腸菌の殺菌、整腸作用や免疫力のアップなど、子供から高齢者まで健康管理に役立つと言われていますよね。

 

しかし全てのマヌカハニーにこのような医療効果や健康効果が期待できるわけではなく、本場のニュージーランドでもごく一部のマヌカハニーしか医療効果は認められていません。

 

医療レベルのマヌカハニーに対する食品メチルグリオキサールの含有量は100mg/kg以上で、9割ほどのマヌカハニーには、そこまで大量の食品メチルグリオキサールが含まれていません。

 

特に医療効果が高い400mg/kg以上のマヌカハニーは、全体収穫量の1%ほどしかないと言われていますので、より効果的な商品を探している際には、正しい選び方を知っておくべきでしょう。

 

様々な医療効果が確認されているマヌカハニーの正しい選び方や選ぶべき基準や規格などのブランドマークについてさらに踏み込んだ解説を行いますので、購入前にこの記事を読んで正しい選び方を理解してください。

続きを読む

マヌカハニーの食べ方やおすすめの使い方について

健康や美容に役立つと言われているマヌカハニーも、効果的な食べ方や使い方をせずに、間違った摂取方法や摂取量を繰り返すとその効果が激減すると言われていますので、症状や目的別に分類して、マヌカハニーをいつどのように食べるのが効果的なのかというおすすめの摂取方法について徹底解説します。

 

具体的に子供が風邪をひいた時、喉が痛い時や咳が止まらない時、ピロリ菌の除菌に活用したい時、ニキビなどの肌荒れを解消して美容に活用したい時などの活用方法を理解しておきましょう。

 

医療レベルのアクティブマヌカハニーでも、間違った食べ方をすると本来の効果効能を実感できずに、非常にもったいないことになりますので、正しい情報を知って健康維持に活用してくださいね。

続きを読む

医薬品質のマヌカハニーの製造方法について

世界の研究機関で優れた抗菌作用や殺菌作用が確認されているマヌカハニーは医薬品としても加工され、ニュージーランドやイギリス、欧州で販売されています。

 

食用のマヌカハニーと医薬品のマヌカハニーでは品質管理が大きく異なりますし、製造する養蜂業者の取り組みや採取方法なども全く違う特徴があり、食用のマヌカハニーと医薬品の材料として活用されるマヌカハニーの製造方法や品質管理の違いなど、マヌカハニーならではの特徴的な状況を解説します。

 

私たちが考えている以上に医療品質のマヌカハニーは厳しい条件で徹底管理されていますので、養蜂業者さんの苦労や優れた医薬品であることがわかりますよ。

続きを読む

マヌカハニーの食品偽装問題、アメリカで集団訴訟が始まる

世界的に需要が高まり、年々その価値が高まっているマヌカハニーですが、アメリカでは食品偽装問題が発覚して集団訴訟が行われているのを知っていますか。

 

訴訟大国のアメリカだからではなく、マヌカハニーの濃度や成分に問題があったことが、今回の集団訴訟の原因です。

 

アメリカでも有名なオーガニック系のスーパーのトレーダージョーズが販売していたマヌカハニーが偽物だったという衝撃の事実は。

 

信頼できるマヌカハニーを選んで購入することが大切だとお伝えしている本当の理由を今回の食品偽装問題から確認してみましょう。

続きを読む

リンクコード:このページをぜひ皆さんに紹介してください!

マヌカハニーの正確な情報を一人でも多くの人に知ってもらいたいと考えています。